老人ホームで快適に生活するための三つの法則

老人ホームで快適に生活するための三つの法則

職員に嫌われないようにしましょう

老人ホームで快適に生活するために必要なことがあります。それはずばり、職員に嫌われないことです。職員は当たり前ですが人間です。当然、人の好き嫌いはあります。仕事ですのでそういった私情は極力挟まないようにしますが、それでも人間です。では、どんな人が職員に嫌われてしまうのでしょうか?この問いへの答えは様々あるでしょうが、私が知っている回答をここに書こうと思います。参考にして、快適な老人ホームライフを送っていただければ幸いです。

自慢話ばかりの人は距離を置かれます

自慢話ばかりの人は職員から距離を置かれてしまいます。利用者の中には、高い学歴や職歴の方がいらっしゃいます。ですが、職員からみればみな同じくらい大事なお客様です。そんな中、私は高い地位にいたんだからもっと優遇しろ等の発言があったらどう思うでしょうか?職員からも距離を置かれてしまうでしょうし、同じ利用者からも嫌われてしまうのではないでしょうか。そもそも、自慢話は聞いていて面白い話ではありません。普段からそういった話をしない癖をつけましょう。

お金の話は嫌がられます

お金を払っているんだからもっと大事にされて当然という考えは絶対にやめてください。介護職員は全力で利用者のことを考えた介護をしています。そして、全力で仕事をしていても、給料はあまり高くないのも事実です。そんな中でお金を払っているんだからと発言したら、それこそ表には出さないでしょうが、腹は立ちます。もし、介護に満足していなかったとしても、ありがとうの気持ちを忘れずに職員と接してください。それだけで、快適な老人ホーム生活を送れるようになりますよ。

川崎市の老人ホームでは、入居者一人ひとりに対して親身な対応を行っているため、安心して利用することができます。