賃貸で住む際に覚えておくと便利な不動産にまつわる法律知識と対処法とは?

賃貸で住む際に覚えておくと便利な不動産にまつわる法律知識と対処法とは?

「契約満了日なのですぐに退去して」と言われたら?

賃貸借契約を結ぶ際に例えば2年間という賃貸借契約を締結した場合、仕事やプライベートで忙しく、契約更新の話し合いをすることも忘れ、気がつくと契約満了日を迎えてしまい、大家さんから「本日で契約満了日になりましたので出て行ってください。」と言いわれた場合どうしますか?「今日が契約の満了日だという事を忘れていました。次の引越し先をすぐに探すので見つかるまで少し待ってくれませんか?」と言ってみたものの、「最初の契約の際に2年間と定めてその旨は契約書にも書かれているため本日で契約は満了します。退去してください。」と言われた場合、本当に困ったことになりますが、借地借家法という法律を知っていると助かる場合があります。

借地借家法で危機を乗り切る!

賃貸借契約を締結した場合、借地借家法という法律が適用されます。期間の定めがある建物賃貸借において、賃貸人(大家さん)が契約期間が満了する1年前から6ヶ月前までの間に、「今回の2年契約が終わったら次回は更新しません」という旨の通知を賃借人(借りてる人)に出しておかなければ、契約は期間満了によって終了しないという定めがあります。ですから契約期間満了日の1年前から6ヶ月までに契約を更新しない旨の「通知」が着ていなければ、大家さんから「退去してください」と言われても、「期日に行うべき通知が着ていなかったため、契約満了日を忘れていました。次の引越し先をすぐに探すので見つかるまで待ってください」と主張できるのです。この借地借家法を覚えておくだけで賃貸借契約で、いざという時に自分の身を守る手段となります。

賃貸借契約で困ったら不動産業者を活用しよう!

賃貸で家を探す時には不動産業者を活用しましょう。不動産業は宅建業とも呼ばれますが、宅建業を営む場合には主たる事務所の従業員5名に対して1名は必ず国家試験に合格した宅地建物取引士の有資格者が設置されています。彼らは不動産関連の法律に詳しく、今述べた賃貸借契約にまつわる借地借家法や不動産にまつわる民法に関する知識、宅建業法と呼ばれる不動産の知識など幅広い知識と情報を持っています。不動産に関わるトラブルに巻き込まれたなら自分一人で悩まずに専門家のいる不動産業者に相談してみましょう。業者も不動産にまつわるトラブルに対してアドバイスを行って、そこから新規顧客を得ることが出来れば嬉しいわけですから不動産トラブルの際には是非、宅地建物取引士に相談することをお勧めします。

札幌市清田区の賃貸マンションは、ダブルオートロック機能といった最新式の防犯セキュリティが取り付けられています。